はたらくことは生きること
サービスの紹介
生活の支援
社会福祉法人恵那たんぽぽ福祉会では、利用者の皆さんの社会的自立を目標としています。そのために様々な支援を行っていますが、代表的なものをいくつかご紹介します。
日中一時支援
日中一時支援は平成19年8月1日よりスタートしました。
ご家族の事情などにより、日中預かりを希望されている方が利用されています。
時間…2時間から利用可能
支援内容…将来に向けての作業活動支援、食事や余暇活動の支援
学習会
学習会は木曜日午後の時間を中心に行います。恵那たんぽぽでは、第一に作業中心の生活ですが、作業では学べない日常生活のルールやマナーを学習していただく時間です。 トラブルなどが起きた時、一人で考えるのではなく皆で意見を出し合い、解決していく方法を考えます。 利用者さんに生活の質の向上をしていただけるように、そして季節の行事やドライブなどを行い、楽しみながら学んでいただくように職員も工夫して企画しています。
  • 服装、健康の話・・・毎月体重測定を行い、健康の大切さを皆で考えます。時には、図をや表を使用したり、看護師からの話により、健康に関することを学びます。
  •  
  • 給料日・・・職員、利用者さん全員が中庭に集まり、1ヶ月の収支や課題を皆で考えます。給料ををもらい、評価を一人一人に説明し、来月も頑張ろうと約束します。1ヶ月のお金の使い方を、担当職員と一緒に考え、お金の大切さや、自分のお金の中で楽しみを持てるよう、計画します。
  •  
  • 季節の行事、お祝い事・・・花見、海水浴、クリスマス会、成人式などたんぽぽでのお祝い事をしています。ただ楽しむだけではなく、社会生活で必要となる生活のマナーを学んでいただくよい機会です。
  •  
医務
現在200数名の方がたんぽぽ作業所を利用されています。 日頃から、感染症の予防や歯磨きの徹底に努め、手洗い、歯磨きなどの支援、バイタルチェックなど行っています。 外見ではわからない病気等も、年二回の成人病検診を実施し、結果を見ながら対応しています。

PAGE TOP