はたらくことは生きること
恵那たんぽぽについて
菌床事業部

菌床事業部は、恵那たんぽぽ福祉工場の一部門で、就労継続支援A型事業所です。 利用者は8名、職員1名の菌床事業部では、パートさん達の協力もあり、年間365日休みなく稼働しています。
椎茸、天恵菇(てんけいこ)の菌床栽培を中心に行っています。収穫量、出荷量ともに徐々に増えていますが、生産量にムラが出ないように、ハウス管理も効率的にすすめています。良質な椎茸を少しでも多く提供できるように、皆で作業を分担し励んでいます。
天恵菇(てんけいこ)
「天恵菇(てんけいこ)」は、2014年から生産を開始した新品種です。大きくて重たい天恵菇は、肉厚で、ステーキや、天恵菇丼など、いろいろな料理のレパートリーがあり、見た目も食べごたえも十分な椎茸です。恵那たんぽぽ作業所は、”日本椎茸の会”という生産者共同組合の一員です。天恵菇は、この組合内でしか生産されていません。岐阜県内では、恵那たんぽぽ作業所が唯一の生産者です。たんぽぽの各販売所で販売しています。是非とも一度ご賞味ください。
椎茸
たんぽぽ作業所の原点でもある、原木椎茸から始めた椎茸栽培。現在では菌床栽培も行っています。現在の菌床数は1万5千菌床です。空調ハウス内での栽培の為温度管理などとても難しく、今までの栽培管理の経験がとても大事になります。天恵菇と同様に、たんぽぽの各販売所で販売しております。


出荷にかかわる仕事


収穫...手袋を着用、2人で1組になって収穫します。




選別...特品、A品、B品等、それぞれのランク付けをします。
軸切り...一定の長さで軸を切り、長過ぎず、短かすぎず、ちょうどいい長さに揃えます。
パック詰め...並べ方や、入枚数を間違えないようにパック詰めします。



スライス作成...包丁を使ってスライスを作ります。乾燥椎茸用です。




出荷準備...出荷用に箱詰める段ボールを組み立てて準備します。

このページは現在制作中です。

PAGE TOP