施設の紹介
アメニティハウス・エナの目指すもの
  • 目標1 自分の仕事(役割)に誇りを持つ
  • 目標2 地域へ積極的に出かける
  • 目標3 自分のお金で生活を豊かに
アメニティハウス・エナ・・・・・・・・生活の支援

障がいのある高齢・重度の人たちのより良い生活の為の入所施設です。
たんぽぽ作業所の開所より10年が経過し、高齢となった人や車いすを使用する人たちが年と共に増えてきたこともあり、知的障がい者更生施設建設を考え全国各地の施設見学を行った後、建設されました。
一般的な特別養護老人ホームでは、真平の床で段差がなく、どの人も前傾姿勢で、ゆっくり足を擦って歩いています。
「アメニティハウス・エナ」の部屋はホールでつなぎ、「あがりまち」を付け施設の真中に大きな階段を作りました。各部屋は洋室、和室、トイレ付き個室など、部屋の構造がすべて違います。
どんなに重い障がいがあっても、自分の人生を豊かに、健康で生き生きと生き抜くことをモットーに生涯現役を目指しています。現在30名の皆さんが、助け合いながら暮らしています。

サービス内容
  • 生活介護・・・常に介護を必要とする人に、昼間、入浴、排せつ、食事の介護等を行うとともに、創作的活動又は生産活動の機会を提供します。
  •  

施設の外観

アメニティハウス・エナ

施設内の階段

脳の活性化を促し、筋肉の低下を抑えます。

重要事項
施設の概要
開所年月日

平成7年4月1日

施設の種類

施設入所・生活介護支援施設

定員

男子15名 女子15名 ショート2名

職員配置

管理者 医師(嘱託)サービス管理責任者 生活支援員 看護師 
栄養士 事務員 調理員 

建物

建物 鉄筋コンクリート2階建て 1219.9㎡

アメニティハウス・エナへのアクセス
住所

〒509-7204 岐阜県恵那市長島町久須見1083-35

PAGE TOP